CD Dream Theater「Black Clouds & Silver Linings」

Dream Theater

今回はDream Theaterの10thアルバム「Black Clouds & Silver Linings」について書いていこうと思います。

前回の「Systematic Chaos」はこちら↓

Black Clouds & Silver Linings

月などの天体や本に乗った象、扉の奥の青空や目だけ描かれた絵などなんだか不思議なジャケットですね。

このミステリアスな感じがいつものDream Theaterのジャケットって感じです。

1.A Nightmare to Remember

最初の落雷のSEといい、おどろおどろしいイントロといいまさにNightmareって感じですね。

ツーバスドコドコの音が分厚いです。やっぱりギターの音は前よりドンシャリ気味になったきがしますね。

いつもどおりソロが長尺です。シンセソロにディレイがかかっていてカオスですね。

ユニゾンもテクニカルです。後半の低音ラップパートはポートノイさんかな?

全体的に怪しげな雰囲気のまさにNightmareな曲です。

2.A Rite of Passage

イントロはベースのリフが割とキャッチーですね。

メロディーは昔のハードロックっぽい感じがあります。サビでコーラスが入るところが特に。

ギターソロはリバーブがかかっているっぽいですね。この曲もシンセソロはディレイがかかっていてかなりカオス。

ソロの最後の方はピッチベンドが強烈に使われていたりでやりたい放題です。ワーミーみたいな音をしていますね。

3.Wither

低音にコーラスのかかったアルペジオの暗めなイントロが印象的ですね。

曲はロックバラードといったところです。なんとなく哀愁がありますね。

Aメロはハイハットの使い方がポートノイさんらしいです。手数がさりげなく多いですね。

ギターソロはワウが効いていてエモーショナルです。一瞬Queenの「Bohemian Rhapsody」と同じフレーズが出てくるような気がしますが狙ったのでしょうか?

4.The Shattered Fortress

珍しくフェードインで始まりますね。リフは「This Dying Soul」のセルフパロっぽいです。

最初のAメロはラブリエさんとポートノイさんが交互に掛け合うパートになっています。わりと面白いですね。

シンセソロはかなりぬるぬるとした音です。ルーデスさんぽい音だと思います。

この曲は他にもセルフパロぽいところがあって今までのDream Theaterのまとめっぽい感じがありますね。

5.The Best of Times

イントロはピアノの静かな音とヴァイオリンソロで途中からアコギがソロを取る形ですね。

フェードインで入ってくるギターがなかなかテクニカルなフレーズ。

Aメロは変拍子ですが明るい感じです。なんだかRushぽいですね。

途中でマイナー調で音数が少なくなったりとなかなか展開が多様な構成です。

最後の方のギターソロはタメが効いていて熱いですね。

フェードアウトで終わるのもこの曲には合っている気がします。

6.The Count of Tuscany

コーラスのかかったピエゾピックアップの音のアルペジオがなかなかきれいですね。

最初のギターソロはハーモナイザーがかかっているのでしょうか。

ギターとシンセのユニゾンのところはシンセの音が変わっていくのが面白いです。

ボーカルが入る前のところから変拍子になるのがDream Theaterって感じ。

この曲も19分16秒と長いのでいろいろと展開していきますね。

バックがシンセとギターだけ、アコギだけになったりして最終的にはメロディアスなギターとボーカル、そしてストリングスのキーボード音でラストを締めです。

まとめ

6曲しかないので全体的に長尺の曲が多いですね。

アルバムの雰囲気としては怪しい感じの印象が強いです。

ハードロックぽい曲や明るめな曲もあるんですがなんだかそう思ってしまいますね。

初回版は3枚組で2枚目がカバーアルバム、3枚目がインスト版になっていたようです。

それとこのアルバムを最後にドラムのマイク・ポートノイさんが脱退することになります。

割と当時はびっくりした記憶があります。

次回の「A Dramatic Turn Of Events」はこちら↓

Dream Theater 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました