CD TK from 凛として時雨「white noise」

TK from 凛として時雨
TK from 凛として時雨音楽

今回はTK from 凛として時雨の3rdアルバム「white noise」について書いていこうと思います。

前回の「Secret Sensation」はこちら↓

white noise

白を背景として赤と緑の色が暖かいジャケットですね。

珍しく明るめな感じかな?

1.Signal

スローで重たい曲でアルバムの幕開けですね。ヴァイオリンの裏にあるギターが地味に暴れたフレーズです。

バスドラのずしっとした音が耳に残ります。Aメロはアコギの音が綺羅びやかです。12弦かもですね。

サビはストリングスが荘厳な響きをしています。

ギターソロはディレイのためかソロにしては若干引っ込んだ感じになっているのがおもしろいですね。

ラストの長尺ギターソロもチョーキングが利いていてエモーショナルです。

2.Wonder Palette

シンセのふわっとしたアルペジオがなんとなく雪が降っている景色を思い起こさせます。

2分前あたりの間奏は開放弦を使ったようなトリッキーフレーズです。

穏やかな曲調ですがどこかに熱さのある曲ですね。

3.dead end complex

アコギのアルペジオとやや不規則に入るハイハットのオープン・クローズの刻みに疾走感がありますね。

Aメロはなんとも気持ちの悪いメロディーです。 (笑

TKさんらしいですね。

サビ後半は高音ボーカルが滑らかなメロディーです。

4.Addictive Dancer

ピアノとストリングスのユニゾンのイントロが印象的です。

サビはTKさんのささやくような歌い方が心地いいですね。

間奏は静かなピアノのパートからギター各パートユニゾンとタムが交互に出てきてリズミカルです。

5.white out

4つ打ちバスドラの目立つ始まり方ですね。アコギのミュート弾きにはずみがあっていい感じ。

間奏はヴァイオリンがメインでとても切れのある演奏ですね。

ベースもうねうねと動きのあるフレーズに迫力があります。

ギターはやや地味な立ち位置になっていて他パートが前に出てきている編曲になっていると思います。

6.Secret Sensation

これは前のミニアルバムに入っていた曲ですね。特に変化はないと思います。

7.Showcase Reflection

開幕ギターのリフが強烈です。ベースとのユニゾンもあって低域がとても太くなっていますね。

フロアタムを中心としたドラムもハイテンポながら重たいビートです。

間奏のギターソロはスライドの利いた粘りのあるフレーズから付点8分ディレイを使ったフレーズがテクニカルです。

サビのメロディーはノリが良くてライブで映えそうですね。

8.like there is tomorrow

こちらも前作のミニアルバムに収録されていた曲ですね。

9.罪の宝石

エレピのPAN振りの利いた音がきれいですね。

他のバックは途中から入ってくるストリングスのみというかなりシンプルな構成です。

ウィスパー気味に歌われるメロディーがきれいですね。

10.invalid phrase

モジュレーションディレイがかかったようなキラキラとしたギターの音が美しいイントロですね。

最初の間奏ではベースのグリグリとした音がなかなかエグいです。

1分20秒あたりの間奏にもディレイが出てきますね。浮遊感のあるフレーズです。

サビはテンポが上がりシンプルなドラムパターンになって勢いが増しますね。

ラストのギターは歪みが荒くて低音なのにとてもキリキリとした音です。

まとめ

ソロの中でも綺麗な曲が集まったアルバムのような気がします。

ヴァイオリンの比重がいつもより大きいように感じますね。エレピのある曲もちらほらとあります。

ですが、時折エレキギターがバリバリと出てきて静と動がはっきりとしているアルバムでもあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました