Pulsar Audio – MASSIVEについて

plugin
plugin

今回はPulsar Audioの「MASSIVE」について書いていこうと思います。

MASSIVE

このイコライザーはManley Massive Passive EQを再現したモデルだそうです。

前のMuと同様に青色を基調としたUIが特徴的ですね。

それではパラメーターを見ていきましょう。今回のバイパス↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-bypass.wav

デフォルトだとこんな感じ↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-default.wav

パラメーター

4バンドのイコライザーとハイパス、ローパスフィルターが搭載されていますね。

あとは入出力のレベル設定、トランスの選択と L/RまたはM/Sモードくらいで難しいものは無いと思います。

まず、右上でオーバーサンプリングとツマミの刻み幅を設定することができます。

とりあえずオーバーサンプリングを4xにしてみました。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Oversampling-4x.wav
↑Oversampling 4x

やや負荷は重めな感じがします。

次に中央下から見ていきます。

DRIVEはInput Gainですね。上げると歪みが増えます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-DRIVE-36dB.wav
↑DRIVE 36dB(音量に注意)
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-DRIVE-40dB.wav
↑DRIVE -40dB(音量に注意)

DRIVEの値を下げても聴感上のレベルはあまり変わらないのでレベル補正みたいなものが後ろにあるんでしょうかね。

その下にあるGAINは最終レベルを調整するツマミで、

間にあるAUTOGAINボタンはEQによる音量変化を補正し聴感上のレベルをEQをかける前と同じにするものです。

TRANSFOでトランスの種類を設定できますね。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-TRANSFO-OFF.wav
↑TRANSFO OFF
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Oversampling-4x.wav
↑TRANSFO 1(デフォルトと同じ)
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-TRANSFO-2.wav
↑TRANSFO 2

1がオリジナルの再現で2がカスタムされた実機の再現だそうです。

その下にはLOW PASSとHIGH PASSがありますね。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-LOW-PASS-6kHz.wav
↑LOW PASS 6kHz
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-HIGH-PASS-220.0Hz.wav
↑HIGH PASS 220.0Hz

間にはL/RとM/Sの選択とその下には左右のリンクの設定のボタンがありますね。

さて、EQ部に移ります。

各種SHELLとBELLが選べるようになっていますが初期状態ではLow、AirがSHELF、

WarmthとPresenceがBELLとなっていますね。

とりあえずLowから試していきます。(今回はAUTOGAINをオンにします)

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Low-boost.wav
↑Low boost
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Low-cut.wav
↑Low cut

ブーストのみですがBANDWIDTHも動かしてみます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Low-boost-BANDWIDTH-10.wav
↑Low boost BANDWIDTH 10
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Low-boost-BANDWIDTH-0.wav
↑Low boost BANDWIDTH 0

次はWarmthです。Low Midに対応する帯域ですね。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Warmth-boost.wav
↑Warmth boost
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Warmth-cut.wav
↑Warmth cut
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Warmth-boost-BANDWIDTH-10.wav
↑Warmth boost BANDWIDTH 10
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Warmth-boost-BANDWIDTH-0.wav
↑Warmth boost BANDWIDTH 0

アナライザーを見るとQ幅はあまり狭くできないみたいですね。

次のPresenceはHi Midに対応する帯域です。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Presence-boost.wav
↑Presence boost
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Presence-cut.wav
↑Presence cut
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Presence-boost-BANDWIDTH-10.wav
↑Presence boost BANDWIDTH 10
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Presence-boost-BANDWIDTH-0.wav
↑Presence boost BANDWIDTH 0

なかなか張りのある中高域ですね。

最後にAirです。こちらは初期の状態だと帯域が12.0kHzとなっていて高すぎるかなと思ったので10.0kHzに設定しました。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Air-boost.wav
↑Air boost
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Air-cut.wav
↑Air cut
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Air-boost-BANDWIDTH-10.wav
↑Air boost BANDWIDTH 10
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Air-boost-BANDWIDTH-0.wav
↑Air boost BANDWIDTH 0

シャキッとした高音域ですね。

これでパラメーターは全て見ることができたかなと思います。

プリセット

ここからは適当にプリセットを試してみようと思います。

↑プリセットの種類はこんな感じ
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Andrea-Lepori-Drums.wav
↑Andrea Lepori Drums
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Master-Clarity.wav
↑Master Clarity
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Master-MS-Midrange-Flavor.wav
↑Master MS Midrange Flavor
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-Romesh-Dodangoda-Mix-Buss-MS-Magic.wav
↑Romesh Dodangoda Mix Buss MS Magic!

最後に適当に自分で作ってみました。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-tekitou.wav

ちょっと控えめですが程よく倍音が付加されて元気な音になったかなと思います。

アコギ

最後にアコギで試してみます。まずバイパス↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-acoustic-bypass.wav

デフォルトだとこんな感じ↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-acoustic-default.wav

プリセットを試していきます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-acoustic-Guitar-Bright-Acoustic-Guitar.wav
↑Guitar Bright Acoustic Guitar
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-acoustic-Guitar-Dark-Acoustic-Guitar.wav
↑Guitar Dark Acoustic Guitar
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-acoustic-Andrea-Lepori-Elec-Gtrs.wav
↑Andrea Lepori Elec Gtrs

こちらも適当にパラメーターを振ってみました。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/06/MASSIVE-acoustic-tekitou.wav

活き活きとした音になったような気がしますね。

まとめ

シャキっと程よい色付けができるイコライザーかなと感じました。

そこまで不自然な感じがなく心地いい特性をしていると思います。

ただあまり狭いQ幅にはできないので細かい音の補正には向かないかもですね。

使っていて気になったのはチャンネルリンクの設定をオンにしているときにopsionと同時クリックで初期値に戻すをしたところ

左右で同期が取れていなかった(クリックした方だけ初期値に戻る)点でしょうか。

アプデで直ったらいいなと思います。

ショップサイトはこちら↓(イントロセールは6月26日まで)

他のPulsar Audioの記事はこちら

今月のプラグインセール情報をまとめてみました。
よかったら見ていってください。


OFUSEで応援を送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました